« 今日は写真を自分で撮りました | トップページ

2014年5月21日 (水)

優実は貴方達と一緒に生きています。

<追記>
2007年9月2日に優実は亡くなりました。
このブログは優実の生きた証として残すことにします。
新HP作成中です。作成完了次第リンクを貼らせて頂きます。
優実の日記が止まってからも、辛いときにこのブログへやってきてくれるという方からコメントを頂きました。
---------------------
優実は貴方と同じ、とても辛い思いをしてきました。
計り知れない辛い思いもしてきました。
そっと、そっと、ゆっくりと、慎重に、彼女は歩きました。
けっして、この道だけは踏み外さないでおこうと、前に道を作り、慎重に歩き続けました。
しかし、彼女は人生の途中でとんでもない選択をしてしまいました。
困った彼女が周りを見渡しても誰も助けてくれませんでした。
ここまで一人で歩いてきた孤独な心は限界でした。
それでも彼女はまた、慎重に、慎重に、道を作り始め、歩き続けました。
歩いていると、涙が溢れ前が見えなくなってきました。
今まで一人でも平気だったのに、なぜか涙が溢れ出て止まりませんでした。
そして、彼女は座り込みました。
一度も休まず歩いてきた足はもう動かなくなっていました。
もう彼女には気力がありませんでした。
慎重に、慎重に、とても慎重に作ってきた道は彼女の重みに耐え切れず、とうとう崩壊してしまいました。
一人では抱えきれない罪を背負いました。
神様に慈悲をしました。
何度も生きたいと叫びました。
声が枯れるまで叫びました。
しかし、崩壊した道は戻りませんでした。
しばらくすると、優実は何かを決心し、起き上がり再び道を作り始めました。
次はとてもとても大きな道です。
動かない足を引きずって慎重に、慎重に作りました。
そこへ通りかかった私達が駆け寄りました。
「何を作ってるの?」
と聞くと
「道を作ってる」と枯れた声で一言いい、にっこり微笑みました。
彼女の中の何かが見えた気がしました。
そして私達も自然と手伝いました。
足の悪い彼女はゆっくりでしたが、がんばって道を作りました。
私達は聞きました。
彼女の小さな道がどんな道だったのか。
一人で孤独と戦い。作り上げてきた道の話を。
涙が止まりませんでした。神様を憎みました。
彼女は
とても弱くて
とても泣き虫で
とても頑固で
とても綺麗で
とても素直で
とてもスポンジボブが好きで
けど、
すごく流されやすくて
すごくだまされやすくて
すごく人を好きになりやすくて
すごくやさしくて
すごく頑張り屋で
すごく笑顔が輝いていて・・・・
彼女はある日こんな事を言いました。



「神様に謝りに行く時は、どんな服がいいかな?」



やせ細った体で彼女は一生懸命洋服を選びました。
みんなはとても素敵だよと、笑いながら泣きました。
彼女も笑いながら泣いていました。
そして、私達が涙を拭き振り返ると、もう彼女はそこにいませんでした。



彼女は、素敵な、素敵な服を着て神様の元へ行ってしまいました。
最後まで前向きで、とても、とても強い女性でした。



そして、周りを見渡すといつの間にかとても大勢の人が一緒に付いてきていました。
数えきれない程の数でした。
優実が作ってきた大きな道はいつのまにか立派な道になっていました。
私達は今でもその大きな道を作っています。
貴方はその中の一人です。
仲間です。
一緒に手をつなぎましょう。
雨の日も風の日も自分のペースで道を作ればいいんです。
辛いときはここへ来てください。
きっと、優実は笑顔で貴方の手を引いてくれます。



「ゆっくりでいいんだよ。」って。



<優実が残した日記から一部抜粋しました>
スマートフォン、無線LANからのコメントは最下部にあるPC表示に切り替えを行ってからコメント投稿をお願いします。

|

« 今日は写真を自分で撮りました | トップページ

コメント

なんでそうなったん?家族や友達はとめんかったんか?本人はもしかしたら危ないかもっていう自覚なかったん?

残して何になるの?

投稿: | 2014年10月 9日 (木) 10時10分

ありがとう。仲間と呼んでくれた事で、まだ頑張れる。

投稿: ミュラー | 2014年9月 8日 (月) 06時55分

HIVという病気を考える機会を与えてくれてありがとう。
彼女が精一杯生きたこと忘れません。

投稿: | 2014年7月13日 (日) 16時31分

風俗のお仕事に従事するものに、とって非常に感慨深い文章です。優実さんが天国で安らかな眠りにつかれています事を
心よりお祈り申し上げます。

投稿: こでっち | 2014年7月 7日 (月) 21時50分

当時、衝撃的な画像を見てとても心配になりコメントをしていたのを覚えています。ブログの更新が途中で途絶えて、どうなったのかなとたまに気になっていました。
2007年に天国に旅立ったとは知りませんでした。
優実さんの文章を読んでると涙が出てきます。
天国では素敵な笑顔で過ごしていてほしいです。

投稿: | 2014年6月22日 (日) 19時07分

生きていた証を残すのは大変なことです。
社会の中の1人なんて、きっといてもいなくてもいい存在。
その中できっと自分が生きていた証を残したかったんじゃないかな?と思いました。
あなたはきっとたくさんの人の心に残ったんだと思います。

投稿: ひこ | 2014年6月 8日 (日) 13時31分

ふと思い出して優実さんのブログを見ると更新されてて驚きました。
一時期、辛いときもありましたがそんなとき優実さんのブログを見て励まされましたapple
今は一歩一歩ゆっくり、足踏みするときもたくさんありますが夢に向かって日々過ごしています。
HP開設頑張ってくださいclover
また思い出したら見に来ます。

投稿: 和(なごみ) | 2014年6月 8日 (日) 00時37分

風俗嬢なんてやるもんじゃないね
おーこわ

投稿: | 2014年5月30日 (金) 12時51分

優実さんの事を知ったのは優実さんが亡くなった後でした。どんなに怖かったやろう、そんなに寂しかったやろう、どんなに悲しかったやろう、どんなに辛かったやろう、どんなに生きたいと願ったやろうと思うと切なくなります。実際の優実さんは知らないけど、いつも心の中に生きてます。これからも。これほど多くの人に愛されてる人はなかなか居ないです。神様は優実さんを通して多くの人に何かを伝えたのかも。そして天使になって天国から見守ってくれてるんでしょうね。

投稿: まさき | 2014年5月29日 (木) 00時30分

こんな素晴らしいブログがあったことを今日初めて知りました。
読み終えた時、涙がとまりませんでした。涙が枯れるまで泣きました。
泣いてはいけないのですね。わずか23歳の若さで笑顔のまま天国に召された優実さんの遺志は、「なにもない」の下に書かれてるわずか3行の遺稿を後世まで残して、神様が与えてくれた笑顔を奪った病気から一人でも多くの人を救いたかったのですよね。

管理人様にお願いです。このブログが一人でも多くの方々の目にとまるように新ホームページの製作よろしくお願い致します。
今のブログは大切なコメントの入ったページに飛ぶと大変重くなっています。最初のブログが荒らしの多いブログだったせいか、心ない荒らしや誹謗中傷、無関係なリンク・スパムなど生前の優実さんを悩ましていた書き込みはご家族の了承のもとすべて消してもらって結構だと思います。優実さんの遺志がより多くの人々に伝わります様宜しくお願いたします。

最後にあまりにも遅くなってしまいましたが、ご家族の皆様や管理人様に心よりお悔やみ申し上げますとともに、何よりも神に与えられた笑顔で天国に召されました優実様に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: まいく | 2014年5月27日 (火) 02時05分

数日前ここに迷い込みました。
最初は正直なんじゃこりゃぁ…という感覚でした。しかし
一通り目を通していくうちに、言葉を失いました。
しかももうこれだけの時が流れてて、ずっとずっと前の話なのですね。非常に複雑に感じました。
彼女はとても優しい方だったのでしょうね。それはとても伝わって来ました。
恐らくきっと、戦う事や争いごと、そういう類をもっとも好まない人だったのではと思います。
今はただただ、彼女のご冥福を祈るのみです。
来世では輝かしい人生を、その笑顔と共に謳歌出来ますよう…


それと確認出来た限りで、このサイト以前のログと以後のログがあるみたいですね。
新たにHPを作成中とのことなので、その辺りも含めて再現して頂ければと思います。
現在ここを管理されてる方には大変ご苦労をお掛けいたしますが、その辺りもお願い致します。
最後に重ねて優実さんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: 雷雪 | 2014年5月26日 (月) 22時30分

優実と関係ない記事は削除しました。
彼女の日記を残す事を一番に考えます。
新しいホームページは現在作成中です。

投稿: 管理人 | 2014年5月23日 (金) 22時39分

こんなこと言うのは迷ったのですが、ここは優実さんのホームページで管理してる方の私物ではないですよね・・・優実さんのことをもっと知りたくてここへ訪れています。関係のない記事はリンクにでもして別のページに記載してもらいたいです。優実さんの書いた日記がどんどん下へ送られてしまってなんだかさみしいです。

投稿: | 2014年5月23日 (金) 09時12分

以前から拝見させていただいてます。
ほんの少しの好奇心で覗いたつもりでしたが、
あまりにも大きすぎる文面の響に心を打たれてます。
優実さんが天国で安らかな眠りにつかれています事を
心よりお祈り申し上げます。

投稿: 雄泉 | 2014年5月22日 (木) 20時33分

優実さんは私達が思う以上に孤独で辛かったと思います。
自身も屈折した人生を歩んで来ましたがやっと軌道に乗り道筋が出来て来ました・・・
慎重にゆっくりですが現在進行中です。

そして、昨年末に縁が有り本業の傍ら「レイキヒーラー」を取得し駆け出しのレイキヒーラーとして活動を始めております。

自身も辛い時に誰にも相談できずただ一人でくじけそうに成りながらも歩んできた人生ですが良きヒーラーの先生や仲間に出会い今後は一人悩んでいらっしゃる方々のお力に少しでもお役に立てたらと思いながら活動しております。

投稿: ひろ | 2014年5月22日 (木) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は写真を自分で撮りました | トップページ